「さよならドビュッシー」のドラマを見ました

 3月18日に放送された「さよならドビュッシー」のドラマを見ました。数年前に、この小説は大きな広告をつけて本屋さんで販売されていたのを見たことがあったからです。私は、原作本は読んでいません。新聞のテレビ欄の紹介文を読むと、かなり期待できそうな感じでしたが、実際に見てみると、評価できる箇所がなかったです。

 ふたりの少女がいて、ひとりが火事で亡くなったという時点で、実際に生き残ったのは、死んだと思われていた方だと、思いました。コンクールに出場している最中に、楽屋で、あんなに長々と謎解きをしている、というのも非現実です。

 巨額の遺産相続の話が出てきましたので、それが殺人と結びついているのか、と思っていたら、そんなことはありませんでした。このドラマを見た時間を返して欲しい、と思いました。

2016年3月19日 「さよならドビュッシー」のドラマを見ました はコメントを受け付けていません。 ドラマ