METライヴビューイング

 私が、メトロポリタンオペラのライブビューイングを見始めたのは、3期前からです。その時には、ライブビューイングの新聞広告は、ほとんどありませんでした。なぜ、あまり宣伝しないのかな、と思っていました。

 でも、先日、日本経済新聞にもかなり大きなMETライヴビューイングの広告が出ていて、少し驚きました。安い価格で、字幕付きでオペラを見られるので、とてもいいので、もっとたくさんの人が知ることはいいことだと思います。

 私は、今期は、たぶん一作も見ません。ブリアコフがメトロポリタン歌劇場管弦楽団をやめてしまいましたので、見る気が失せてしまいました。メトロポリタンオペラを見るうちに、ピョートル・ベチャワを好きになりましたが、ベチャワは、今期のライブビューイングに出る作品に出演していないようでしたので、これもあり、今期は見ることを見送りました。

METライブビューイング あなたが選ぶベストワン

 松竹のサイトで、METライブビューイング あなたが選ぶベストワンの投票を受付していましたので、投票してきました。私が見始めたのは、2012-2013のシーズンからです。

 演目を見ていると、同じオペラも複数回、上映されているのですね。私は、同じオペラをMETライブビューイングで違う歌手さんで見たことはありません。同じオペラを違う歌手さんで見ると、違いが見えて、面白いのだろうな、と思います。

 この投票は、自分にとってのベストワンのほかに、人にすすめたいオペラも投票できます。私は、人にすすめるなら、喜劇をおすすめします。オペラの大半は悲劇ですが、やはり喜劇の方が、楽しい気分になれますから。ベストワンをひとつしか入力できませんが、3つくらい入力できるようになっているといいのに、と思ってしまいます。

オペラ「道化師」を教育プログラムに

 昨日、今期のMETライブビューイングの最後の作品、「カヴァレリア・ルスティカーナ」と「道化師」の二本立てを見てきました。メトロポリタンオペラは、今、学生さんにオペラを提供する教育プログラムをしていて、その様子がスクリーンで紹介されました。

 私が見たのは、道化師に出演したパトリシア・ラセットが吹奏楽部の学生と、話をしていたシーンです。この映像が、スクリーンで紹介されたのは、「道化師」が始まる前でしたので、私はこのオペラの詳しいことを知りませんでした。でも、実際にこのオペラを見て、これを学生に見せて、語り合うのか、とやや驚きました。今回の2本のオペラとも、不倫のお話でした。

 さて、METライブビューイングの2015-2016シーズンの作品が紹介されました。韓国のオペラ歌手が、1作目の、アンナ・ネトレプコの次に名前が出ていました。これは、かなり驚きました。日本のオペラ歌手さんも、METライブビューイングで放映される作品で、インタビューされるような大きな役でいつか登場してくれたらな、と思いました。

Met「ホフマン物語」は、すべてのセリフが歌でした

 3月13日に、Metライブビューイング「ホフマン物語」を見てきました。私は、この作品を見るのが、今回初めてでした。今回見た「ホフマン物語」は、セリフのすべてが歌でした。ですから、私は、ストーリーを追いかけるのが非常に難しかったです。はっきりいうと、あまり分からなかったです。

 Metライブビューイングでは、休憩時間に、歌手の方へのインタビューや次の作品の紹介がありますが、私が、この日、一番注目したのが、次回上映のチャイコフスキー:イオランタに出演する、ネトレプコとベチャワへのインタビューです。リハーサルから、ふたりの二重唱の様子も流れましたが、この二重唱を聞いて、すごく楽しみになりました。

 「イオランタ」は、メトロポリタンオペラでは、今回が初演です。インタビューでは、ネトレプコに「なぜでしょう」と質問していて、ネトレプコは、「ロシアでは人気で、何度も上演されているのですが」と答えていました。「イオランタ」は、ハッピーエンドらしいです。私は、明るいオペラの方が好きなので、本当に楽しみです。

メトロポリタンオペラのカルメンを見てきました

 先日、メトロポリタンオペラのライブビューイングで、「カルメン」を見てきました。私は、過去に「カルメン」は生の舞台で見たこともあり、ブリアコフがフルートを吹いているということで、メトロポリタンオペラの「カルメン」のDVDも持っているのですが、生の舞台では、舞台と字幕の両方を見るのが難しく、DVDは3時間以上を家でじっと見るのは無理で、結局、ブリアコフが演奏する間奏曲しか見ず、ストーリーを今まで把握できないままでした。

 ライブビューイングで、やっとカルメンのストーリーを把握できました。カルメンはこんなに情熱的で、ある意味怖いキャラクターだったのだな、と初めて分かりました。ホセも、カルメンを殺してしまうので、怖いですが。

 今回、初めてカルメンのストーリーも、歌もすべてを楽しめました。主役の方のインタビューで、「オペラとの出会いが17才の時の、ドン・ジョバンニ」というお話にも、驚きました。オペラとの出会いが17才で、メトロポリタンの主役になれるということにです。