情報収集の方法

 私が、このパユファンサイトのために情報収集している方法を書きたいと思います。

 サイトを開設した1999年当時は、ホームページの数も、今よりはずっと少なく、情報収集にはけっこう苦労しました。今では、コンサートホールでも、音楽事務所でも、演奏家でも、ホームページを持っていることが当たり前の時代になりましたので、かなり楽に情報収集できるようになりました。

003

 今、私が、情報収集している方法は、下記の通りです。

1.ツイッター検索で、「パユ」と検索する。
2.グーグルで「パユ」と24時間検索する。
3.グーグルで「Pahud」と24時間検索する。

 1のツイッターは、1投稿140文字までという短い文章しか書けませんが、あなどれません。「パユ」の名前が推理小説に出ていたということも、ツイッターで知りました。そのほか、ツイッターで初めて情報を知ったということも、多いです。

 2は、ご覧の通りです。3のアルファベットで検索するのは、フェイスブックページ用に、という感じです。

 この3つを1日に1回おこないます。この3つで何も情報が得られなければ、1分もかからない作業です。情報が得られれば、そこから詳しく調べていきます。

 後は、パユファンのフェイスブックページを見て、メッセージが届いていないか、投稿が入っていないかを見てから、フェイスブックのニュースフィードを見ます。シェアできそうな投稿があれば、シェアします。

 原則的には、これだけです。

 後は、パユの日本公演の時期は、「音楽の友」の来日演奏家速報である程度分かっていますので、その半年前くらいに、チケットぴあのサイトを見に行くぐらいです。

 情報収集は、時間をかければ、いくらでもできます。でも、それですと時間がかかりすぎてしまいますので、なるべく時間がかからないように、することを決めています。

 フェイスブックページの検索機能がすぐれていれば、もっといろいろな情報が得られると思いますが、しかたありません。

 それから、ツイッターは、まわりの人たちとうまく交流していくのが、本当は一番いいと思います。

 オバマ大統領が大統領選で、どのようにソーシャルメディアを使ったかが書かれた、「オバマ」のつくり方 怪物・ソーシャルメディアが世界を変えるの本の中で、「ツイッターは、フォロワーがたくさんいたけれども、うまくいかなかった。交流がほとんどできなかったから」という内容のことがたしか書かれていました。

 交流が大切なことはよく分かっていますが、私は交流することにあまり積極的ではありません。掲示板時代に苦労しているからです。ですから、ワードプレスでも、コメント欄はオープンにしていません。

2014年1月5日 情報収集の方法 はコメントを受け付けていません。 ページ作成