BOSEのウェーブミュージックシステムがCD読み込みできなくなって

 私は、CDプレイヤーは、BOSEのWave music systemを使っています。同じCDを聞いていても、プレイヤーの違いで、かなり違う音に聞こえてしまいますので、やはりプレイヤーにも、お金をかけた方がいいと思って、今から7年ほど前に、はじめて、ボーズ社のウェーブミュージックシステムを買いました。

 2台目は、2年ほど前に買いました。つまり、今2台持っています。

 その1台目が、先週、CDの読み込みができなくなってしまいました。ウェーブミュージックシステムは、下の写真の通り、CDをトレイに置くタイプではなく、CDを吸い込むタイプです。

 これが、CDを吸い込んだ後、「Reading DISC」と表示は出るのですが、この表示が出たままで、CDを再生しなくなってしまいました。

 この時には、「7万円くらいするCDプレイヤーで、まだ10年も経過していないのに、また新しいプレイヤーを買わないといけないのかな」と思いました。

 そんな時に、CDを読み込まないということは、読み込むレンズが汚れているので、そのレンズのクリーナーがあるということを知りました。

 ですから、すぐに買いました。価格を見ると、1,000円程度だったからです。

 買って届いたのが下の写真です。DVDがケースに入っているような感じでした。

CDクリーナー乾式と湿式

CDクリーナー乾式と湿式

 CDを読み込まなくなった時には、湿式を使います。

 湿式の円盤をひっくり返したのが、下の写真です。

湿式のブラシがついている面

湿式のブラシがついている面

 中央の円のすぐとなりに、ブラシが2個と4個とびでています。その2個の方に、クリーナー液をつけて、プレイヤーに入れます。

 ウェーブミュージックシステムに入れました。入れると、CDから声が出ます。「クリーニングしています」などです。

 トラック2で、「クリーニング終了です」。トラック3で、「CDを取り出してください」と声が出ます。

 それから、普通の音楽CDを入れると、CDをきちんと読み込んでくれて、音楽が流れました。良かったです。このクリーナーは、50回使えるそうです。

 乾式の方は、通常のお手入れ用です。

 BOSEのWave music systemは、高いので、無事に使えるようになって本当に良かったです。これから、CDを読み込んでくれないトラブルがあっても、このクリーナーを持っていると、安心できます。

2014年4月19日 BOSEのウェーブミュージックシステムがCD読み込みできなくなって はコメントを受け付けていません。 ページ作成