アクセス解析のキーワードでコンクールを思い出した

 2014年9月に、ニールセン国際フルートコンクールがおこなわれることは、前々から知っていました。でも、はっきりとした日付は忘れていました。

 ある日、いつも通り、アクセス解析で、キーワードを調べていました。すると、「ニールセン国際フルートコンクール」のキーワードが少し増えていましたので、このコンクールが始まったのだな、と気がつきました。

 それから、このコンクールのサイトに行き、コンクールが生中継されることが分かり、生中継を見ることができました。もしも、アクセス解析で、キーワードのチェックをしていなかったら、気がつかずに通り過ぎていたと思います。

 以前には、パユの日本公演のホール名がまだ、すべて出ていなかった時に、「都道府県名とパユ」のキーワードで検索がありましたので、そのキーワードをgoogleで検索することで、分かったこともありました。

 私が使っているのは、「 Group-Analyzer Premium 」です。

 このアクセス解析では、クリック先のページが分かります。さらに、デバイス別にクリック率が分かります。下の図は、デバイス別のクリック率、2014年10月3日分です。

20141003gap

 リンク元が分かったり、キーワードが分かるアクセス解析は、たくさんありますが、クリック先が分かるアクセス解析はめずらしいのではないでしょうか。

 デバイス別のクリック率を見て、感じたのは、Androidでのクリック率がけっこう高いのだな、ということでした。これは、どの日でもそうでした。

 私は、自分で携帯でサイトを見るときには、あまりクリックをすることがないので、意外でした。この表を見ると、スマートフォンの存在はますます大きいな、と感じます。

 クリック先のページがどこなのかを知りたい、自分のどのページからクリックされているのかを知りたい、という方には、この「 Group-Analyzer Premium 」は、おすすめです。