自宅を無線LANにしました

 私は、今までサイトを作ったり、更新したりするのは、2階にあるデスクトップパソコンでしていました。最近、無線LANにして、サイトの更新を1階でしたいな、と思うようになりました。無線LANのルーターを2万円ぐらいで買わないといけないのかな、と考えていたところに、nifty WIMAXというのがあるということを、偶然知ることができました。

 nifty WiMAXなら、ルーターに2万円もかけずにすみますので、これに決めました。ルーターの種類は、いくつかありますが、私が選んだのは、有線LANポートが2個ついているAtermWM3450RNです。

 私のデスクトップパソコンは、かなり昔に買ったものですから、無線LANの子機がついていないからです。これは、有線でつないでなおかつ、無線で同時に12台までつなげます。

 私はもともとnifty会員でしたので、申し込んでから、3日後にルーターが発送されました。届いたのが下の写真のルーターです。

 ワイマックス

 まずは、コンセントを差し込んで、契約情報を書き込まなければいけません。私の家は、すぐ近くに山が見える場所にありますので、電波の状態があまりよくありません。ですから、これが非常に苦労しました。上の写真の、一番上のランプのTが、WiMAXランプで、それが緑色にならないといけないのですが、これがなかなかなりません。赤くなるのです。つまり契約情報の取得ができないのです。

 ピンポイントエリア判定でも、△ー○でしたので、もしかして、ダメなのかも、という気持ちもよぎりました。

 サポートにも電話しましたが、「家の中でどこかに取得できる場所があるはずなので、探してください」とのことでした。いろいろな場所で試してみましたが、なかなかTが緑色になってくれず、かなりあせりました。一瞬、Tが赤く光ってその後、何も光らなかったり、赤くずっと光っていたりといろいろでした。

 何回かしているうちに、家のこちら側よりも向こう側の方が電波の状態がいいなとか分かるようになってきました。私は、ずっと床にねかせた状態でしましたが、私が申し込んだタイプは、壁掛けもできますので、床からはなした状態でしたほうが、もっとはやく情報が取得できたかもしれません。

 結局は、9か所目でやっと緑色になってくれました。この緑色を見たときには、「ヤッター」と思いました。説明書には、「契約情報取得まで、5分くらい待ってください」と書いてありましたが、私の家では10分くらいかかりました。

 そして、説明書には、「WiMAXランプ「T」を囲んでいる3本のアンテナランプのうち、2本以上は光る場所をみつけましょう」と書いてあります。でも、私の家では、どこの場所に持っていっても、アンテナランプは、1本しか光りません。上の写真の通り、1本しか光りません。

 でも、2階にこのルーターを置いて、1階のノートパソコンで、快適にインターネットができています。

 ただ、ルーターは、風通しのいい場所に置かないといけないな、とは思っています。ルーターの前に大きな荷物を置いたりすると、WiMAXランプが消えてしまい、インターネットができなくなってしまいます。最初はそれが分からず、なぜだろう、と思っていましたが、分かってからは、とにかく電波をさえぎらないように、ということだけ気をつけています。

 私は、有線LANポート付のルーターを使っていますが、有線LANポートなしのモバイルルーターもあります。

ドメイン名取得&無料レンタルサーバーサービス