ドラマの主題歌をAmazon Music Unlimitedで聴く

 最近は、ドラマを見て、その主題歌をAmazon Music Unlimitedで聴くのを楽しみにしています。ドラマで聴く主題歌は、曲の一部ですから、その曲全部をUnlimitedで聴きます。時には、Unlimitedに入っていない時も、もちろんありますが。

 近頃では、MISIAの「記憶」や、ゴスペラーズの「抱きしめて」をUnlimitedで聴きました。ドラマに詳しい方はお分かりでしょうが、これらは、上川隆也さんが出演されたドラマの主題歌です。最近、上川さんの作品をよく見ています。

 Unlimitedにない曲の場合は、カバーで歌われている歌でもいいと思っています。2番の歌詞も分かるからです。今は、ストリーミングでたくさん曲が聞けるようになり、いい時代になりました。

佐藤天彦さんとクラシック

 将棋棋士、佐藤天彦さんの著書「理想を現実にする力」を読みました。。天彦さんは、クラシック音楽に詳しく、本にはクラシックについての記述もありました。

 天彦さんは、演奏家に注目するよりは、曲そのものに興味を持って聞かれるそうです。私とは、聞くスタンスが全然違うということです。クラシック音楽には、本当にお詳しくて感心します。天彦さんのツイッターも見ていますが、時々クラシック音楽を紹介されています。それが、私がまったく知らない曲です。

 私もこういうサイトを持っているくらいですので、クラシック音楽には詳しい方だと思いますが、その私でもまったく聞いたことがない曲をツイートされていて、とても参考になります。

パールマンのドキュメンタリー

 7月5日にEテレで放送された、ヴァイオリニスト、パールマンのドキュメンタリーを見ました。私は、パールマンのCDは、1枚だけ持っていましたが、パールマンについては、ほとんど知りませんでしたので、番組を見て新鮮なことばかりでした。

 「人を感動させる音を出せる人と、そうでない人はどこが違うのか」という話が出ていて、パールマンは、「説明できない」とお話されていました。私もこれはなぜなのか知りたいな、とよく思っていましたが、説明できないのですね。

 番組冒頭で、野球場に登場したパールマンの姿に、まず驚きました。足に障害をお持ちだということも、初めて知りました。奥様も魅力的な方でした。

荻窪はクラシックの街

6月24日放送のBSテレ東「ワタシが日本に住む理由」に、ヴァイオリン奏者のアテフさんが、出演されているのを見ました。

 アテフ・ハリムさんは、今、荻窪に住んでいらっしゃいますが、荻窪がクラシックの街とは、全然知りませんでした。荻窪には、昔、クラシック音楽を日本に広めた方が住んでいらっしゃったから、ということだそうです。

 この番組を見て、思いますが、外国人で日本に住む方は、勇気があるな、と感心しています。

WOWOWドラマ「沈まぬ太陽」

 先日、Amazonのプライムビデオで、上川隆也さんの作品を見たいな、と検索していましたら、「沈まぬ太陽」があるのを見つけました。「沈まぬ太陽」は、2016年に上川さん主演で、WOWOWで放送されていたのは、知っていました。でも、私は、WOWOWに加入していませんので、見ることはできませんでした。

 今、アマゾンプライムで見ることができる、とかなり興奮しました。私は、まず原作を読み、映画も見ました。WOWOWドラマを見て、すぐにかなりの高品質だと、わくわくしました。かなりの短期間で、20話すべてを見終えました。

 そして、サウンドトラックも聞きたくなり、沈まぬ太陽オリジナルサウンドトラックも聞きました。音楽もかなり良いです。上川さんは、昔から素晴らしい演技をする俳優さんだと思っていましたが、沈まぬ太陽で、しびれました。上川さんとは、NHK大河ドラマ「功名が辻」で1年間つきあいましたが、これから、もっとたくさんの上川さんの作品を見たくなりました。