チャイコフスキーコンクールの裏話

 箕面市の生涯学習で、チャイコフスキーコンクールの裏話を聴けるということで、行ってきました。コンクールには、いろいろな部門がありますが、お話は、ピアノ部門についてです。

 出場者たちのピアノ選定の話が一番面白かったです。その時に、「NHKでショパンコンクールの調律師たちの番組があったのをご覧になった方はいらっしゃいますか」と質問されました。私も、見ていました。この番組は何回も再放送されています。

 「その時の番組は、最初、ファツィオリの方を追いかけていたが、ファツィオリを選んだピアニストがすぐに落ちてしまったので、NHKのスタッフがあわてて、他のメーカーの人を取材していた」ということでした。「今は、情報の広がりがはやく、ピアノ選定の1日目午前中が勝負で、それで良くないうわさがたつと、その後はピアノに触ることすらしてもらえない」ということで、大変だな、と思いながら聞いていました。

2019年11月30日 チャイコフスキーコンクールの裏話 はコメントを受け付けていません。 コンクール