「もうひとつのショパンコンクール」を見ました

 12月23日に放送されたBS1スペシャル「もうひとつのショパンコンクール~ピアノ調律師たちの闘い~」を見ました。ショパンコンクールでは、4台のピアノから、演奏者が1台を選びます。私は、ファツィオリというピアノメーカーを今回の番組で初めて知りました。

 一番驚いたのは、ショパンコンクールが行われるホールには、エレベーターがなく、人力でピアノを階段からあげて、舞台まで持っていくことです。調律師の皆さんが、これだけ強い想いを持って、ピアニストやコンクールを見守っていることに、感動しました。

 日本人調律師が3人登場されていました。別のメーカーのピアノを選んだ出場者の話も、親切に聞いてあげている調律師さんには、感心しました。ピアニストは、みなさん、自分のピアノを演奏するわけではないので、いろいろなドラマが生まれるのですよね。とても良い番組でした。2016年1月3日日曜日19:00より、BS1で再放送されます。

2016年1月2日 「もうひとつのショパンコンクール」を見ました はコメントを受け付けていません。 テレビ