サウンドコンサルタント

 5月21日放送のNHK「スーパープレゼンテーション」で、サウンドコンサルタントの方が、登場していました。建物と音の関係の話をしていて、とても興味深かったです。私が今までによく聞いていたのは、スーパーマーケットでは、ゆっくりとした音楽を流すと、お客さんがゆっくり歩くので、滞在時間が長くなり、それだけたくさんの物を買ってもらえる、という話くらいでした。

 スーパープレゼンテーションでは、教室の音響の話も出ていました。人の声が一番よく聞こえるのは、残響0.6秒以下らしいです。でも、そうなっていない学校の教室は多いらしいです。残響2秒では、人の声はほとんど分からないというのは、知っていました。大阪のザ・シンフォニーホールが出来た時に、「残響2秒―ザ・シンフォニーホールの誕生」の本を買って読んでいたからです。

 残響2秒では、人の声は聞きづらいので、つまり、ザ・シンフォニーホールは落語などには使えないということです。それだけ経営面では、大変になったということですが。番組の話に戻ると、サウンドコンサルタントで生計が立てられるのだな、ということにも感心しました。