プレバト

 5月16日放送の「プレバト」で、クラシック音楽演奏の査定を見ました。フルート、ピアノ、ヴァイオリン、ハーモニカと楽器のバランスもとても良かったです。個人の力量にあわせた課題曲も、良かったと思います。

 ピアノの松井さんは、かなりのレヴェルですね。フルートの小倉さんも、アルルの女を上手に演奏されていました。有名曲の演奏は、間違いがすぐにばれてしまうので、難しいのですよね。

 みんなが才能アリになってしまうと、テレビ的には面白くなくなってしまいますので、うまく凡人と才能ナシも出て、それも良かったです。ヴァイオリンは音程を正確に演奏するだけでも、かなりのレヴェルですので、難しかったと思います。

 コメントを出す三ツ橋さんも、ハキハキと話されていて、とても良かったです。音楽を聴く場合には、どこを聞いていいかわからないというのがありますので、それを曲ごとに何か所か前もってポイントを出していたのが、感心しました。すべてのポイントについて三ツ橋さんが解説されていたと思いますが、放送ではけっこうカットされていたのでしょうね。クラシック音楽査定は、ほぼ完璧といっていいできで満足しました。

2019年5月19日 プレバト はコメントを受け付けていません。 テレビ