サウンド・オブ・ミュージックの50周年記念版

 今年は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の50周年記念の年です。サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念 ブルーレイを買いました。日本語吹き替えが、マリア、トラップ大佐、リーズルは新しいキャストで収録されたものが入っています。

 マリアに平原綾香、トラップ大佐に石丸幹二、リーズルに日笠陽子となっています。私は、とても楽しみにしていたのですが、トラップ大佐の第一声、「覚えておいてください。許可なく他の部屋に入らぬよう」のセリフを聞いた時に、聞くことに堪えられなくなり、見るのをやめてしまいました。過去の声優さんと比較するのは、当然だと思います。私にとってマリアの吹き替えは、武藤礼子さんで、本当に素晴らしかったです。

 歌重視で配役された島田歌穂、布施 明もちょっとな、と思いましたが、最後までは見れました。1回しか見ませんでしたが。でも、今回は最後まで見終えることすらできませんでした。歌の部分だけ見れば、良かったのかもしれません。テレビ東京版のトラップ大佐、井上和彦さんは、とても良かったな、と思います。若山弦蔵さんを聞けたのも嬉しかったです。それにしても、同じセリフをこれだけたくさんの声優さんでの吹き替えで聞くと、吹き替えの力で、本当に作品が変わるな、と今回のブルーレイで実感しました。

2015年5月2日 サウンド・オブ・ミュージックの50周年記念版 はコメントを受け付けていません。 映画