モーツァルトのいる休日  大人の楽しむクラシック

 石田衣良さんの「モーツァルトのいる休日  大人の楽しむクラシック」を読みました。一番印象に残っているのは、「みんな、夢、夢と言い過ぎる。平凡に暮らして、趣味でクラシックを聴いて過ごすのも、素敵な生き方」という内容のことが書かれていたことです。輝いて生きる」みたいな話が、ドラマでも映画でも多いような気がしますから。

 クラシック鑑賞の入り口は、「らららクラシック」からの流れということもあるのでしょうけれど、好きな曲を見つけて、ということでした。

 私は、個人的には、好きな曲を見つけるよりも、好きな演奏家を見つけて、その人の演奏を追っていく方が簡単なような気がしています。音は見えずに消えていきますが、演奏家は見ることができるからです。これは、私がパユのファンで、パユが頻繁に日本にコンサートをしに来てくださるから言えることかもしれませんが。

2019年12月7日 モーツァルトのいる休日  大人の楽しむクラシック はコメントを受け付けていません。