小山実稚恵と羽生善治の対談

 今、発売中の音楽の友4月号で、ピアニストの小山実稚恵さんと、将棋棋士の羽生善治さんの対談が、4ページにわたって、掲載されていました。

 異分野の人通しの対談は、それぞれの世界を詳しく知っている人が読んだ時に、物足りなく感じることが少なくありませんが、今回のこのおふたりの対談はそんなことはありませんでした。

 将棋には、対局が終わった後に、その1局をふりかえる感想戦がありますが、これを受けて、小山さんが「コンサートで1回ごとに感想戦があったら、私には辛すぎます」とおっしゃっていて、面白かったです。そのほか、羽生さんが小山さんに「頭の中の雑音を消すことはできますか」など、興味深い質問が多く、良かったです。

2015年4月4日 小山実稚恵と羽生善治の対談 はコメントを受け付けていません。 雑誌