コンサートホールの音漏れ

 今年夏のB’zの日本全国ツアーの広告が、新聞の1ページすべてに出ているのを見ていて、とりぎん文化会館でもコンサートがあるということに目がとまりました。パユがNHK交響楽団と、とりぎん文化会館でコンサートの予定があったからです。

 私も、とりぎん文化会館に行きましたので、ブログをいろいろと検索していると、B’zのファンの人たちが書いたブログをたくさん見かけました。「コンサートホールの音漏れを聞けるか」のような文章があり、私は、ホールから音が漏れるかどうかなんて、考えたことがありませんでしたので、驚きました。

 B’zは、チケットを買いたくても買えない人がたくさんいるので、こういう発想が出るのですね。クラシックコンサートの場合には、お客さんが満席にならなくて困ることの方が圧倒的に多いので、こんなことは考えたことがありませんでした。NHK交響楽団とパユのとりぎん文化会館でのコンサートは、NHK交響楽団のおかげで、たくさんお客さんが入っていました。

ザ・シンフォニーホールの2014年予定表

 ザ・シンフォニーホールが、2014年1月1日より滋慶学園グループの株式会社ザ・シンフォニーホールに引き継がれるということで、ちらしや新シンフォニア(会報誌)に申し込みお願いなどが入った封筒が届きました。

 このシンフォニア登録はがきというのが、はさみで切り取らないといけないようになっています。なんと面倒な、と思ってしまいました。WEBからも申し込めるようで、こちらの方が楽ですね。

 さて、2014年1月から3月までのシンフォニーホールの予定表も入っていました。そこには、大阪医専、HAL大阪、大阪モード学園卒業式、第23回グレンツェンピアノコンクール近畿地区大会などもあり、なんと安っぽいホールになってしまったかと嘆かわしくなってしまいました。演奏家のバリエーションもなんだか乏しくなったような感じです。ホールが取り壊されないだけましなのか、と考えることにしました。

アンコール曲の表示のこと

 12月1日に、神戸文化ホールにパユのコンサートを聴きに行って来ました。神戸文化ホールは、アンコール曲の表示をしませんので、アンコール曲名が分からなかったら、どうしようかな、と思っていました。

 アンコールの2曲目が、演奏前に指揮者の方が、曲名をおっしゃいましたが、聞き取れませんでした。曲が始まると、「運動会のかけっこでよく流れている曲だな」と思い、曲名はパッと分かりませんでしたが、帰ってからインターネットで調べればいいか、と考えていました。実際に調べてみると、かけっこで流れる曲は、けっこういろいろとありました。クシコスポストなどです。

 アクセス解析を見ると、今日だけでも、「パユ 神戸 アンコール」で検索してきている方はけっこういました。みんな、アンコール曲は、知りたいと思っていますので、ホールの最低限のサービスとして、ホールに表示するか、もしくはホームページに掲載してほしいです。今回のパユの日本全6公演のアンコール曲は、こちらのページに書きました。

久しぶりにザ・シンフォニーホールに行きました

 11月15日に、大阪フィルハーモニーの定期演奏会を聞きに、久しぶりにザ・シンフォニーホールに行きました。曲目がハーメルンの笛吹きだったからです。昔のザ・シンフォニーホールは、ホール前の植え込みのところに、その日の演奏会名が書かれていたのですが、最近は、それがなく「The Symphony Hall」のままでした。

 それが、11月15日には、きちんと「定期演奏会、ソリスト瀬尾和紀」と書いてあり、これからはまた書かれるようになるのかな、と思いながら見ていました。少し前の新聞記事で、「滋慶がシンフォニーホールのロビーに、過去の演奏会一覧を見られるようにする」とありました。

 私がパユがザ・シンフォニーホールでコンサートをおこなったのを初めて見に行ったのは、1996年ですが、その前にもシンフォニーホールに来られたことはあったのでしょうか。この資料を読めるようになったら、すぐに見に行きたいと思います。