上野耕平さんのラジオ出演

 先日、浜村淳さんのラジオに、サックス奏者の上野耕平さんが、ゲスト出演されているのを聞きました。

 上野さんのCD「アドルフに告ぐII」のお話になった時、浜村さんが、手塚治虫さんのマンガ「アドルフに告ぐ」の話を長々とされたので、少し驚きました。まったく関係ありませんので、普通は、そんな話をするのは控えますよね。そういうところが関西かな、と思いました。

 2月26日のフェニーチェ堺でのThe Rev Saxophone Quartetのコンサートについての宣伝でしたが、私は、サックスがソプラノ、アルト、テナー、バリトンといろいろとあることを知りませんでした。なので、サックスカルテットは弦楽四重奏のような感じ、ということで、なるほどな、と思いました。

道上洋三ですと五嶋龍

 たしか2月3日放送だったと思います。ラジオ番組「おはようパーソナリティー 道上洋三です」に、ヴァイオリニストの五嶋龍さんが出演されているのをラジコで聴きました。ラジコアプリに番組進行表が掲載されていましたので、午前8時台の出演だと分かり、そこのみ聞きました。

 五嶋龍さんが、10代の頃にCDを出したのが、10代当時のみどりさんのCDと同じような曲で、「姉のCDを聞いて、自分よりも上だと思った」という内容のことをお話されていたのが、印象的でした。

 五嶋龍さんは5月23日に、ザ・シンフォニーホールで協奏曲を演奏されるので、その宣伝でラジオ出演されたのですが、曲のお話も面白かったです。