猫のアニメ

 ヴァイオリニスト、オーガスティン・ハーデリッヒのCD「パガニーニ:24のカプリス」は、以前に聞いていました。

 今回、ワーナーさんのページで、音が猫の鳴き声に似ているところがある、ということで、ハーデリッヒと猫のアニメが制作されたということを知り、そのアニメを見ました。言葉はありませんので、どの国の人にも見てもらえますね。

 まず、私がCDジャケットで見ていたハーデリッヒのイメージとは違い、アニメのハーデリッヒは、かわいい感じです。こういうアニメを制作するという発想がすごいです。こういうアニメにすると、曲にも親しみがわきますね。

CD

Amazon Music Unlimited キャンペーンに申し込んで

 今、Amazon Music Unlimitedのキャンペーンをしていましたので、申し込みました。30日間、無料なのと、パユのCDの何枚かも、Amazon Music Unlimitedで聞けるからです。

 早速試してみましたが、パソコンからは聞けるのですが、なぜか私のkindleでは、「あなたのお住まいの地域では使用できません」というメッセージが出て、パユの演奏を聴くことができません。輸入盤だからかな、と思いつつ、でも、理由が分かりませんので、結局Amazonに電話してもらって、質問することにしました。
 
 Amazonの担当者の方と、1時間半くらい話していましたが、結論は、私のkindleは初代のものなので、古すぎて、Amazon Music Unlimitedの認識ができない、ということでした。いろいろと調べていると、Echoスピーカーがあって、これは言葉で操作するようです。未来の機械という感じで、興味を持ちましたので、買いたくなりました。

CD

プラチナジャズVol.5

 先日、新聞でラスマス・フェイバー・プレゼンツ・プラチナ・ジャズ~アニメ・スタンダード Vol.5~のCDが、紹介されていました。紹介文は、日本の懐かしアニメを英語で歌っているCDということでした。銀河鉄道999など、ということでしたので、私は、ラスマス・フェイバーという方を知りませんでしたが、買ってみました。

 届いたら、1曲目が「デビルマンのうた」で、これがすごくかっこよくアレンジされています。私と同じ世代の方々にとっては、「デビルマンのうた」が1曲目なのは、たまらないのではないでしょうか。ほかには、タイガーマスクの歌、などです。

 私は、今まで外国の方が、日本のアニメソングを日本語で歌っているのを見たことがありますが、日本のアニメソングを英語歌詞で歌われているのをほとんど聞いたことがなく、新鮮な気分になれました。もちろん懐かしい気分もこみあげてきました。

CD

CDを注文した時のアマゾンボックス

 アマゾンは、11月24日まで、「あなたとアマゾンボックス」コンテストをおこなっていました。要するに、カスタマーレビューの欄に、みんながアマゾンのダンボール箱についての思い出を書いています。

 アマゾンにCDを2枚くらいしか注文しなくても、けっこう大きなダンボール箱に入れて、配送されるのですよね。多分、その方がトラックに積みやすいのでしょう。アマゾンの箱は、オークションなどで、物を送らなければいけない人には、便利でしょう。

 でも、最近は箱にたくさんのミシン目が入っていて、開くと、再度使うのが難しく感じる箱もありますが。みなさんのレピューを読むと、アマゾンのダンボール箱は、種類がかなりあるのですね。こういうココンテストをしても、書き込む人がこれだけ多いのには、感心します。

CD

CDの行方

 Amazonのすべてのカテゴリーで、CDの販売ページを探そうとしましたが、パッと分かりませんでした。デジタルミュージックがひとつの大きな項目になっていました。

 CDは、「DVD・ミュージック・ゲーム」の項目にありました。DVDの次になっていますし、CDという文字が入っていませんので、分かりにくくなっていますね。CDを買う人がそれだけ減ってきているということですね。悲しいですが、これが現実です。

 デジタルがどんどんと幅をきかせてきますね。2020年の東京オリンピックも、紙のチケットは、ないだろう、と言われています。デジタルは、置き場に困りませんからいいですが、記念にしたい時には、形がなくてあっけない感じがします。

CD