「たたみ方・折り方」の早引き便利帳

 本屋さんで、見てすぐできる! 「たたみ方・折り方」の早引き便利帳 の本をたまたま見かけて、思わず手にとってしまいました。こういう話題で1冊の本を書けることに感心したからです。

 服関係の折り方から、本当にさまざまな折り方が掲載されていました。その中で、自分で作ったCDやDVDを人にプレゼントするときに、透明のケースでは味気ないので、自分で紙で作ってみよう、ということで、折り方が書かれていました。おしゃれな紙を使えば素敵にできあがるかな、と思いながら読んでいました。

 他には、大きな地図の折り方も掲載されていました。この地図の折り方には、考案者がいるとのことでした。こういうものにも、考案者が存在するのか、と面白く感じました。

「愛の妙薬」を見てきました

 11月9日に、なんばパークスシネマへ、METライブビューイング「愛の妙薬」を見てきました。METライブビューイングを見るのは、今回が初めてです。「愛の妙薬」は、コメディで、とても楽しめました。

 私は、今まで生のオペラを見たことが数回ありますが、実は面白いと思ったことがありませんでした。でも、今回、初めてオペラは、面白いと感じました。生のオペラの場合には、舞台の動きと、両端にある字幕の両方を見なければいけません。でも、スクリーンうつしの場合には、歌手と字幕が一度に目に入ってきて、とても見やすかったです。

 歌手の方の表情や、小道具の使い方も、アップでうつりますので、とても分かりやすいです。幕間に、インタビューもたくさんあり楽しめました。幕間に歌手さんにインタビューするとはすごいですね。

METライブビューイングの3回券

 メトロポリタンオペラを映画館で見るMETライブビューイングを今年初めて見ようと思い、ローソンチケットでMETライブビューイングの3回券を買うことにしました。まず、インターネットでクレジットカード払いで予約して、店頭でチケットを引き取ろうとしました。

 この時に、クレジットカード払いの場合には、「オンライン予約から24時間経過しないと、チケットを引き取れない」と思っていたのに、引き取り期限が非常に短く、「引き取れなくても、公演前日までは大丈夫」と書かれていたり、他のところには「再度予約が必要」とあったり、よく分からなくなりました。

 予約してから一晩悩んでいましたが、「日時指定がないチケットは、オンライン予約から即引き取り可能」の文を見つけて、すぐに引き取ることにしました。たしかに、24時間以内に行きましたが、きちんと引き取れました。METライブビューイングが、とても楽しみです。「メトロポリタン・オペラのすべて 名門歌劇場の世界戦略」の本も読みたくなりました。

「チケットを売り切る劇場」を読みました

 「チケットを売り切る劇場-兵庫県立芸術文化センターの軌跡」を買って読みました。今まで知りたかった数字をいろいろと知ることができて、とても面白かったです。

 例えば、兵庫県立芸術文化センターもザ・シンフォニーホールも、無料会員制度ですが、いったいどれくらいの人数が会員になっているかなどです。こんな数字も、見せるのかなと思うようなのもあって、興味深く読みました。

 あとは、寄付をしない理由で、「寄付金によって運営する事はおかしいから」というのがあって、私は、関西らしい理由だな、と思いました。