CD「モダニスト」

【曲目】
1) ダリウス・ミヨー(1892-1974):フルート、オーボエ、クラリネットとピアノのためのソナタ Op.47、
2) アンドレ・ジョリヴェ(1905-1974):セレナーデ(管楽五重奏のための)、
3) アルベリク・マニャール(1865-1914):フルート、オーボエ、クラリネット、バスーンとピアノのための五重奏曲 Op.8、
4) フィリップ・エルサン(1948-);管楽五重奏とピアノのための六重奏曲『復活祭の歌』(世界初録音)、
5) カール・ニールセン(1865-1931):管楽五重奏曲 Op.43、
6) ティエリー・エスケシュ(1965-):メカニック・ソング(管楽五重奏とピアノのための)、

【演奏】
レ・ヴァン・フランセ
[エマニュエル・パユ(フルート)、
フランソワ・ルルー(オーボエ)、
ポール・メイエ(クラリネット)、
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(ホルン)、
ジルベール・オダン(バソン)]

【録音】
2017年4月3-5日、ミュンヘン、バイエルン放送第2スタジオ(2, 3, 4, 6)、
2014年9月10日、ブレーメン、グロッケ・コンツェルト・ハレ(1)、
2016年4月3日、ミュンヘン、バヴァリア(バイエルン)スタジオ(5)、

CD「ドビュッシー:ソナタ&トリオ」

Debussy: Sonates &Trio

演奏者
ヴァイオリン:ルノー・カピュソン
ピアノ:ベルトラン・シャマユ
フルート:エマニュエル・パユ
チェロ:エドガー・モロー

ヴィオラ:ジェラール・コセ
ハープ:マリー=ピエール・ラングラメ

曲目
ドビュッシー:
1-3) チェロ・ソナタ ニ短調、
4) シランクス、
5-7) ヴァイオリン・ソナタ ト短調、
8-10) フルート、ヴィオラとハープのためのソナタ、
11-14) ピアノ三重奏曲 ト長調

ベートーヴェン:管楽器とピアノのための作品

演奏者
レ・ヴァン・フランセ:
エマニュエル・パユ (フルート)
ポール・メイエ (クラリネット)
フランソワ・ルルー (オーボエ)
ジルベール・オダン (バソン)
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ (ホルン)
エリック・ル・サージュ (ピアノ)

曲目
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
・管楽三重奏曲 ハ長調 作品87 -オーボエ、クラリネット、バソン
・三重奏曲 ト長調 WoO37 -フルート、バソン、ピアノ
・「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」の主題による12の変奏曲 WoO28 -オーボエ、クラリネット、バソン
・ クラリネットとバソンのための二重奏曲 変ロ長調 WoO27-3

CD「管楽器とピアノ ~レ・ヴァン・フランセの真髄」


↑国内盤
輸入盤

演奏者
レ・ヴァン・フランセ
エマニュエル・パユ (フルート)
ポール・メイエ (クラリネット)
フランソワ・ルルー (オーボエ)
ジルベール・オダン (バソン)
ラドヴァン・ヴラトコヴィチ (ホルン)
エリック・ル・サージュ (ピアノ)

CD 1:
フランシス・プーランク(1899-1963)
ピアノと管楽器のための六重奏曲 FP100
1. 第1楽章: アレグロ・ヴィヴァーチェ
2. 第2楽章: ディヴェルティスマン:アンダンティーノ
3. 第3楽章: フィナーレ:プレスティッシモ
ルイーズ・ファランク(1804-1875)
六重奏曲 ハ短調 作品40
4. 第1楽章: アレグロ
5. 第2楽章: アンダンテ・ソステヌート
6. 第3楽章: アレグロ・ヴィヴァーチェ
アルベール・ルーセル(1869-1937)
7. ピアノと木管五重奏のためのディヴェルティスマン 作品6
アンドレ・カプレ(1878-1925)
五重奏曲 [fl-ob-cl-bsn-pf]
8. 第1楽章: アレグロ・ブリラメンテ
9. 第2楽章: アダージョ
10. 第3楽章: スケルツォ
11. 第4楽章: フィナーレ:アレグロ・コン・フォーコ
CD 2: 
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452 [ob-cl-bsn-hn-pf]
1. 第1楽章: ラルゴ-アレグロ・モデラート
2. 第2楽章: ラルゲット
3. 第3楽章: アレグレット
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 作品16 [ob-cl-bsn-hn-pf]
4. 第1楽章: アレグロ・マ・ノン・トロッポ
5. 第2楽章: アンダンテ・カンタービレ
6. 第3楽章: アレグロ・マ・ノン・トロッポ
CD 3:
ルートヴィヒ・トゥイレ(1861-1907)
ピアノと管楽のための六重奏曲 変ロ長調 作品6
1. 第1楽章: アレグロ・モデラート
2. 第2楽章: ラルゲット
3. 第3楽章: ガヴォット:アンダンテ・クワジ・アレグレット
4. 第4楽章: フィナーレ:ヴィヴァーチェ
ニコライ・リムスキー=コルサコフ(1844-1908)
ピアノと木管のための五重奏曲 変ロ長調 [fl-cl-bsn-hn-pf]
5. 第1楽章: アレグロ・コン・ブリオ
6. 第2楽章: アンダンテ-フゲッタ-アンダンテ
7. 第3楽章: ロンド-アレグレット

録音
2014年1月9-11日、5月19-20日、バイエルン放送ミュンヘン・スタジオ2

●●●
new3cd201410

 CDの解説文にレ・ヴァン・フランセのロゴ(LVFの文字を組み合わせたもの)が、日本の漢字をイメージして作成された、ということについて書いてありました。

 この文章を読むまで、私は、レ・ヴァン・フランセのロゴが存在していたことすら知りませんでした。

CD「リサ・バティアシュヴィリ/バッハ」

国内盤 (amazon.co.jp)
輸入盤 (amazon.co.jp)

曲目
J.S.バッハ:
1. オーボエとヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調 BWV.1060a
2. カンタータ第156番『わが片足は墓穴にありて』 ヘ長調 BWV.156~シンフォニア
3. ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1042
4. 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調 BWV.1003

C.P.E.バッハ:
5. ヴァイオリン、フルートと通奏低音のためのトリオ・ソナタ 変ロ短調 Wq.143

J.S.バッハ:
6. マタイ受難曲 BWV.244から『憐れみ給え、わが神よ』

リサ・バティアシュヴィリ(ヴァイオリン)
フランソワ・ルルー(オーボエ:1、オーボエ・ダモーレ:6)
エマニュエル・パユ(フルート:5)
セバスチャン・クリンガー(チェロ:5)
ペーター・コフラー(チェンバロ:5)
バイエルン放送室内管弦楽団(1,2,3,6)
ラドスワフ・ショルツ(コンサートマスター:1,2,3,6)

録音時期:2013年12月(1-3)、2014年1月(4,5)
録音場所:グリューンヴァルト、アウグスト・エファーディング・ホール(1-3) ミュンヘン、ヒンメルハート教会(4,5)
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

●●●
batiashvili

 このCDを買いました。ヴァイオリンのCDを買うのは、かなり久しぶりでした。

 ブックレットの中は、バティアシュヴィリの写真は、たくさん掲載されています。バティアシュヴィリとルルーのふたりの写真もありました。パユの写真はありません。

 音楽もなかなかいいCDです。