検索キーワード2013年2月2日

 パユファンサイトは、アクセス解析をしています。どのページがよく見られているかや、どんな検索キーワードで来られているかなどを調べています。どんな検索キーワードで来られているかを見せるのは、手の内を見せるような感じがして、今まではしたことがありませんでしたが、他のサイトを見ていると、こういうことをしているサイトをときどき見ますので、私も、検索キーワードの一部をお見せします。

 下の画像は、2013年2月2日です。この日は、ユニークユーザーが179、ページビューが469でした。

 

2013年2月2日の検索キーワード(一部)

2013年2月2日の検索キーワード(一部)

 一番上のキーワードは、文字化けしていますが、「パユ」です。

 パユの日本公演中でなく、パユ関連のテレビ番組が放送されない、普通の日のキーワードは、こんな感じです。要するに、ご覧いただくとお分かりの通り、「パユ」やパユを含む複数単語での検索数は、全体から見ると、それほど多い割合ではありません。これでも、「パユ」のキーワードが多い日を選びました。

 パユファンサイトを開設する時は、パユが日本公演されるのは年に一度だろう、と考えていました。今は、年に3回来てくれることも多いですが。そうすると、サイトを更新するにあたって、パユ関連の話題だけでは、更新できなくなってしまいます。ですから、「音楽エッセイ」を週に一度更新しようと思いました。フルートコンサートの感想を書いていたのも、更新のためです。

 でも、今から思えば、そのことによって、検索エンジンから、さまざまなキーワードで来て貰えることになり、良かったです。

 クラシック音楽のファン数はそれほど多くありませんので、クラシック演奏家名で検索する人の数は、あまり多くありません。ですから、演奏家名だけに頼ってサイトを作成すると、見に来る人の数が、ものすごく少なくなってしまいます。

 このことに気がついてからは、パユのコンサートのテレビ番組が放送される時にも、初期は、「このコンサート」ぐらいしか書いていませんでしたが、最近は、コンサートで演奏される曲名もすべて書いています。それは、曲名での検索にも、検索エンジンでヒットするようにして、アクセスを増やすためです。