メールマガジン用のクリック解析ツールを使い始めました

 今までは、メールマガジンで書いたURLを何人の人がクリックしてくださっているかを知るために、手動で、下記のようなページを作っていました。

———-
<html>
<head>
<meta http-equiv=”Refresh” content=”0;URL=http://実際にとばしたいページのURL”>
</head>
アクセス解析コード
</html>
———-
 これで、1日に何人の方がクリックしてくれたかということは、分かります。でも、もっと詳しく知りたいな、と思っていたら、無料のクリック解析ツールのClickScopeがあるということを知りました。こちらのページに、メールアドレスを入力して、ダウンロードします。

 このツールですと、クリックされた時間まで分かります。時間別のグラフが下の画像です。

クリックスコープの時間別

クリックスコープの時間別

 メールマガジンでは、まったく同じ内容の文章を送っても、多分、配送時刻で、クリックしてくれる人の人数は変わってくるのではないかな、と思っています。しっかりと、読まれているメールマガジンなら、時刻に左右されることは少ないかもしれませんが。

 でも、ツイッターの場合でしたら、ツイートする時間で、かなり左右されると思っています。ツイッターの場合、ツイートされる時間に、パソコンやスマートフォンを開いていないと、そのツイートを見逃してしまうことが、私は多いです。フェイスブックでも同じだと思います。投稿に最適な時間が、解析していくうちに、分かってくるかな、と思います。

 後は、メールマガジンで、同じURLをクリックして欲しいけれども、メールマガジンの上の方に書く時と、下の方に書く時のクリック数の差をはかるという風にも使えます。

 クリックスコープは、時間のほかにも、OSやブラウザも分かります。これも、ありがたいです。

 私は、サイトのアクセス解析は、昔からしていて、どのブラウザで、パユファンサイトが見られているかは、ずっと見てきました。2000年代初期の頃は、一番多く使われているブラウザは、Internet Explorerでした。パソコンに標準で入っているブラウザが、Internet Explorerでしたので。

 それが、最近は、Safariのブラウザが増えてきました。Safariは、iPadやiPhoneに標準で入っているブラウザです。2012年では、「Safariがかなり増えてきているな」というぐらいの感じでしたが、今は、Safariが50%を超えています。これは、昔では考えられなかったことです。

 それだけ、タブレットやスマートフォンでサイトを見る人が増えてきたということです。

 ここまで増えてくると、スマートフォン版のページをはやく作成しないといけないな、という気持ちになっています。私も、やっとiPhoneを買いましたので、iPhoneで、文字を片手でうつ練習をしたり、いろいろなサイトを見ているところです。

 スマートフォンは、表示スペースがパソコンよりも、相当小さいですので、あまりにもたくさんの情報をつめこむことはできません。いかに情報を最小限におさえながら、それでも分かりやすく見せるか、と、ページ間をすんなりとした行き来ができるように考えなければいけません。おおまかなサイトの構図は、ぼんやりとは浮かんできました。

 できれば、数ヶ月のうちに、スマートフォン版ページを作成したいです。今回は、自分のスマートフォンで、ページを確認しながら作成しますので、いいものを作りたいです。


2013年3月10日 メールマガジン用のクリック解析ツールを使い始めました はコメントを受け付けていません。 アクセス解析