無線LAN親機を買いました

musenlan

BUFFALO ハイパワー Giga 11n/g AOSS2対応 無線LAN親機 【Wii U動作確認済み、iPhone5・Android端末対応】WZR-300HP

 自宅のデスクトップパソコンに、新しく光回線をつなぎましたので、光回線で、無線LAN環境にしようと思い、無線LANルーターを買いました。この写真です。

 無線LANルーターを選ぶのは、かなり苦労しました。種類があまりにもたくさんありすぎるからです。バッファローが一番有名かなと思い、バッファローの製品から探し始めました。

 一番大切なことは、なんといっても、きちんとつながることです。つながらなければ話になりません。Amazonのレビューを読み、確実につながるもの、ストレスなくインターネットが楽しめることを条件に、探しました。ルーターは、あまりにも安い製品を選ぶと、動きが悪いという印象がありました。1階と2階で、ストレスなく動くことを条件にたくさんのレビューを読みました。

 そして、BUFFALO ハイパワー Giga 11n/g AOSS2対応 無線LAN親機WZR-300HPを買いました。

 実際に、つなげてみました。これは、「AOSS2」というのが特許出願中で売りのようです。要するに、ルーターのボタンを押せば簡単接続ということなのですが、私は、なぜかこれでうまく接続できませんでした。3けたの数字を入力する画面までは行けるのですが、「接続が確立できません」というメッセージが出てしまいました。

 ですから、SSIDとパスワードの方で接続しました。これで、Windows VistaもiPhone5も問題なくできました。これは、有線LANポートもついていますので、昔から使っているwindows XPにも、すぐにつなげました。

 私は、正直なところ、AOSS2というのが、どう便利なのかよく分かりませんでした。どこの画面から接続するのか分からない人は、簡単ということなのでしょうか。でも、AOSS2の場合、ボタンを押さなければいけません。遠くで接続設定する場合には、普通に、SSIDとパスワードでつなぐ方が楽だと思うのですが。

 AOSS2でつなぐ説明書は、カラー印刷で大きい紙で入っています。SSIDとパスワードで接続する方法は、モノクロ印刷で、小さい紙で入っています。私は、最初からSSIDとパスワードで接続した方がはやかったな、と思っています。

 そして、今は、とても快適に動いています。昔は、無線LANルーターは、高いという印象がありましたが、今はここまで価格が下がってきているのだな、思いました。


2013年3月20日 無線LAN親機を買いました はコメントを受け付けていません。 接続環境