フェイスブックページのいいねを増やすには

下の写真は、フェイスブックページのいいねを増やすビジネスがあるという新聞記事です。

2013年7月27日読売新聞夕刊

2013年7月27日読売新聞夕刊 

 どうしてこういうビジネスができるかというと、フェイスブックページのいいねを増やすことが非常にむずかしいからです。

 私も、パユファンのフェイスブックページを持っていますが、はじめの頃は、どうすれば、ページに「いいね」を押してもらえるのかさっぱり分かりませんでした。

 パユの名前で、徐々にでも、いいねが増えていくのは、それでもまだありがたかったです。

 フェイスブックに投稿するネタを探すこと自体が大変ですが、フェイスブックは、他の人のページの写真をシェアできるということが分かったときに、これで投稿のネタになる、と喜びました。

 そして、いいねがグンと伸びたな、と感じたのが、本番の演奏写真をシェアした時です。リハーサルの写真の方が、裏側を見られるようい思い、いいねがつきやすく感じますが、実際には、リハーサルよりも、本番の写真の方が、いいねはたくさんつきました。

 本番の演奏写真は、お客さんが撮影することができません。ですから、とても貴重です。それに、やはり本番は真剣ですから、それが魅力なのだと思います。

 でも、同じ本番の演奏写真でも、遠目やきれいでない写真ではダメだな、と感じています。演奏姿がアップで、美しい写真を、投稿すれば、たくさんの人にシェアしてもらえますし、ページのいいねは、かなり増えます。これは、鉄板だな、と思っています。要するに、投稿をシェアしてもらわないと、いいねはなかなか増えません。

 コンサートホールで、フェイスブックページを持っているところも、けっこう増えてきていますが、本番の演奏写真を掲載してくれているページは、少ないです。掲載してくれれば、シェアできるからいいのに、といつも思っています。

 それから、最近、フェイスブックページのインサイト(ページのいろいろな情報の表示ページ)が新しくなりました。下の画像は、その一部です。

フェイスブックページの新しいインサイト

フェイスブックページの新しいインサイト

 どこからいいねしているのかが、分かるようになりました。モバイルからが多いですね。電車の中でも、スマートフォンでフェイスブックページを見ている方をよく見かけますからね。

2013年8月3日 フェイスブックページのいいねを増やすには はコメントを受け付けていません。 フェイスブックページ