投稿記事を彩るイラストが欲しくて

サイト運営日誌は、ひとつの投稿で、約1,000文字程度の記事を書いています。これだけの文章で、イラストや写真が何もないとパソコン上では、読みにくい感じがしますので、ひとつは画像を入れるようにしています。たいていは、記事に関係する画像を入れています。

でも、入れる画像が思いつかなかった記事もあります。例えば、「ビジネスでフェイスブックページを運営するときにしてはいけないこと」や、「配送会社の対応が悪くて悩む」を書いたときでした。

 002そういう時のために、音楽のイラスト集を買いました。これは、スポーツも一緒に入っています。

 その中に入っていたのが、このヴァイオリン演奏の画像です。これが、サイズを何も変更していない寸法です。

 インターネット上で、無料のイラスト集を探せば、一応はあります。でも、楽器演奏で、満足のいくイラストというと、なかなかありません。

 例えば、ピアノ演奏のイラストでも、手は鍵盤の上にあるのに、顔が手とは180度違う方向を見ているということもあります。ピアノ演奏をする時に、こんな方向に顔を向けることはまずありません。つまり、楽器を演奏しているように見えないイラストというのは、たくさんあります。

 まんがを読んでいても、この楽器演奏の絵は、変じゃないかと思うことは実はよくあります。そう思うと、まんがのストーリーに集中できなくなってしまいます。

 私が買ったイラスト集は、ピアノ、ヴァイオリン、フルート、サックス、ギター、ドラムなどがありますが、きちんと演奏しているように見えるイラストです。

 このイラスト集のいいところは、通常の画像と、そのほかに、他の写真と組み合わせて、自分でイラストが使えるように、透過画像も入っているところです。つまり、背景が透明になっていますので、自分で画像作成したい場合、イラストをくりぬく必要がありません。

 それから、私は、このページのワードプレスのヘッダー画像(黄緑色背景に、女性がパソコンに向かっているイラスト)は、昔にMovable Typeのテンプレートを買った時についていたヘッダー画像を、寸法変更のみして使っています。

 でも、自分でワードプレスのヘッダー画像を作成したいという方は、バナープラスという初心者でもきれいなヘッダーやバナー画像を作成できる商品もおすすめです。

 自分で画像を作成する時には、素材画像と画像加工ソフトの両方が必要です。どちらか片方だけあってもできません。バナープラスは、この両方があります。素材画像は、透過処理がされた画像が入っています。


2013年12月7日 投稿記事を彩るイラストが欲しくて はコメントを受け付けていません。 ページ作成