サイトを運営するにはまずは情報収集

 サイトを運営するには、まず情報を収集することが必要になります。以前に「情報収集の方法」に書いた通り、私は、ルーティーンとして見るページは決めています。

 そのほかにも、見ているサイトはあります。例えば、クラシック音楽の無料の情報誌ぶらあぼです。「ぶらあぼ」は、チケットぴあの店舗に置いてありますが、インターネット上でも、全ページを読むことができます。インターネット上で、見ています。

 一応、1ページずつめくって、全ページを見ますが、最近、全ページを検索できる機能が備わっていることに気がつきました。

eぶらあぼ2014年5月号

eぶらあぼ2014年5月号

 左下の赤丸の部分をクリックすると、画面中央に、検索ボックスがあらわれます。

 そこに好きな検索キーワードを入れて、検索すると、上図の青四角部分のように、検索結果が表示されます。

 1ページずつ全部ページをめくったとしても、コンサート情報が、ずらずらと表示されているページがあり、そこを細かく1つずつコンサートを見ていっていると、いくら時間があっても足りません。ですから、検索機能はありがたいです。

 フェイスブックもツイッターも、情報を発信するには、情報収集をすることが必要ですが、ルーティーンの作業で、特に苦労することもなく、どんどんと情報が集まることもありますし、なかなか情報が集まらないこともあります。

 2014年4月は、パユファンのツイッターで、2個しかツイートできませんでした。ツイッターは、2009年から続けていますが、ひと月にこんなにツイートが少なかったことは初めてだった様に思います。

 フェイスブックでも、今は情報が枯渇ぎみです。フェイスブックでは、以前にも1ケ月間くらい、何も投稿する情報がなかったことがありました。これ以上の期間、投稿する情報がないとさすがになんとなくあせってきます。

 フェイスブックは、写真のシェアができますので、パユがコンサートを行うたびに、コンサートホールや音楽事務所や共演したオーケストラが、本番の演奏写真を掲載してくれれば、確実に投稿できるのですけれど、コンサートをしても、演奏写真が出ないことも多く、この場合、コンサートをしているのかすら、実感できない状態です。

2014年5月10日 サイトを運営するにはまずは情報収集 はコメントを受け付けていません。 ページ作成