Amazon Musicアプリからエコーに曲を指示する方法

 クラシックCDの場合、Amazon Echoで曲を聴く時、Amazon Musicアプリで曲を検索して、エコーに指示することになります。その方法を、画像入りで説明します。iPhone5を使っています。

 この方法を使うには、Amazon Music Unlimitedの個人プランまたはファミリープランへの加入が必要です。

 アマゾンエコーは、すでにセットアップできていて、Amazon Musicのアプリもスマートフォンかタブレットに入っている前提で書きます。

 まず、Echoに接続します。Amazon Musicのアプリを開くと右上に縦3個の点があります。それをタップします。

 すると、下の画像になりますので、「端末に接続する」をタップします。

 すると、お手持ちのエコーの名前が出ますので、そこをタップします。これでエコーと接続されます。

 前の画面に戻り、虫眼鏡マークをタップして、検索します。検索すると、「アーティスト」「アルバム」が表示されますので、タップして、CDを選択します。

 特定のCDページを開いて、再生ボタンを押すと、エコーから音が出ます。

 再生されている画面は下記です。

 下の右のマークが青くなっているのが、エコーと接続されているという意味です。エコーと接続されていない場合には、このマークが白色です。白色の場合は、このマークをタップすると、接続画面になります(このページの上から3枚目の写真)ので、エコーと接続します。

 一旦、エコーで特定のCDを流すと、エコーに「アレクサ、音楽をストップ」「音楽を続けて」「音量を上げて、下げて」「次の曲をかけて」「この曲について教えて」と声をかけると、そのように動いてくれます。

 Amazon Echoの音質についてですが、1万円代のスピーカーとしては、悪くありません。でも、Boseのスピーカーと比較すると、劣ります。

 私は、昔のbluetooth仕様ではないBose Wave Music Systemを使っていましたので、bluetoothトランスミッターを買って、エコーからBoseのスピーカーにとばして、聴いています。

 Boseが、エコーのAI頭脳であるアレクサを搭載したBOSE HOME SPEAKER 500を発売しましたので、これを使う方法もあります。

2018年11月18日 Amazon Musicアプリからエコーに曲を指示する方法 はコメントを受け付けていません。 音楽サービス