第166号 新譜「VIENNE 1900」

●○●○●○●○
世界的フルーティスト、
パユのファンコミュニティ
2020年5月30日 第166号
https://www.pahudfan.net/
●○●○●○●○

 こんにちは。

 まず、6月、7月のレ・ヴァン・フランセ公演についてです。

 中止が発表されました。全8公演中、6公演のチケット払い戻し方法が出ています。

 チケット払い戻し方法ページへのリンクを、コンサート情報のそれぞれの公演ページから、貼りました。
https://www.pahudfan.net/concerts2/

 まだ、払い戻し方法が発表されていないのは、6月27日やまと芸術文化ホールと、6月30日の住友生命いずみホールです。

 
 それから、前回号で、2021年に行われる、パユがソリストのN響オーチャード定期のチケット発売開始予定日を、6月と書きましたが、8月以降に延期になっています。

 つづきまして、ベルリンフィルデジタルコンサートホールの30日間チケットが無料でもらえる話です。

 ベルリンフィルメディアとパートナーシップ契約をしましたIIJが、応募した人全員に、ベルリンフィルデジタルコンサートホールの30日間チケットを無料で配っています。

 下記ページから申し込むと、1週間後くらいに届きます。
https://www.iijmio.jp/campaign/dch2020/index.html

 IIJから、無料コードのURLが書かれたメールが届きます。デジタルコンサートホールにログインした状態で、そのURLを開くと、クリックした時から30日間有効のチケットが入ります。

 5月23日(ベルリン時間)の、デジタルコンサートホールに、パユが登場しました。

 プログラムは、ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲(ベンノ・ザックスによる編曲版)など。ヒンデミットでは、パユのピッコロ演奏姿を見ることができます。
https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/53010

 
 次に、雑誌の話題です。

 BRUTUS(ブルータス) 2020年6月1日号が、クラシック音楽特集です。P.14-79です。音楽雑誌ではない雑誌で、数十ページも、クラシック音楽に紙面をさくことはなかなかないことですよね。

 ラン・ランがインタビューで、ウィーンフィルとベルリンフィルについて語っていて、そこでパユの名前が出ています。

 たくさんの人が、おすすめ曲3曲と、それが入ったCDを紹介しています。その最初が石田ゆり子さんです。

 石田さんのおすすめは、3曲ともギター曲で、3枚ともティボー・ガルシアのCDをあげています。

 石田さんは、「マチネの終わりに」のPRで、福山雅治さんの「福のラジオ」に出演した時に、「ティボーを私の息子にしたいくらい」とおっしゃっていました。福山さんは、「恋人でもいいと思いますよ」と反応されていました。それくらいティボー・ガルシアが好きなのですね。

※雑誌「BRUTUS(ブルータス) 2020年6月1日号」 
https://amzn.to/2M8j6Cy

 最後に、パユの新譜についてです。7月発売です。

 「VIENNE 1900」という2枚組のCDが出ます。演奏者がとても豪華です。

 パユが演奏する、マーラーの歌曲は、現代の作曲家ロナルド・コーンフェイルがパユのために編曲したものです。

※2枚組CD「20世紀初頭、ウィーンの室内楽ル・サージュ、樫本、パユ、メイエ、プレッサー」 
https://bit.ly/3etW9WH

 今回号は、以上です。ここまで、読んでくださって、ありがとうございました。次号もよろしくお願いします。

*******
メールマガジン:
世界的フルーティスト、
パユのファンコミュニティ
URL:https://www.pahudfan.net/
著者:嶋岡利恵(しまおかとしえ)
【エマニュエル・パユの1ファンです。】
発行日:2020年5月30日
発行部数:312
発行システム:
インターネットの本屋さん
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/

メールマガジンの登録、解除、アドレス
変更は下記ページでお願いします。
https://www.mag2.com/m/0000082426.html
*******

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ