フルート

エマニュエル・パユの雑誌情報

レコード芸術2019年8月号

 

 レコード芸術8月号の、P.170の海外盤レビューに、パユが参加したCD「ニーノ・ロータ-ハープのための作品集」の評が出ていて、パユについてもふれられています。

レコード芸術2019年7月号

 

レコード芸術7月号のP.110に、レ・ヴァン・フランセの「モダニスト」が特選盤で、紹介されています。

レコード芸術 2019年6月号

レ・ヴァン・フランセの新譜「モダニスト」のレビューが、「先取り!最新盤レヴュー」のコーナーに、掲載されています。P.121です。

音楽の友 2019年5月号


 
 表紙が、パユです。コンサートガイドの表紙も、パユですが、ポーズが違います。

 

 P.6-8に、パユのインタビューが掲載されています。

 

 平成最後の発行号です。

 

intoxicate 2019年4月号


intoxicate 2019年4月号

 

 intoxicateは、タワーレコードのフリー雑誌です。タワーレコードの店に行けば、無料でもらえます。

 

 私は、家の近くにタワーレコードがないので、タワーレコードのオンラインショップで買いました。送料は216円で、ゆうパックで来ました。

 

 P.20に、パユのインタビューが掲載されています。まるまる1ページです。

 

 2020年に発売予定のCD情報がありました。

 

 アレクサンドル・デスプラの作品集、バイエルン放送交響楽団と共演の協奏曲などです。かなり中身が濃い価値のあるインタビューです。

 

レコード芸術2019年4月号

 

特集「巨匠芸術」の秘密―70人の超人たちに、パユが取り上げられています。P.50です。

家庭画報 2019年3月号

 

12ページにわたって、樫本大進の特集があります。その中に、パユの名前が出てきます。

レコード芸術 2019年1月号

 

 パユの「Solo」が、レコードアカデミー賞の、特別部門 企画・制作に選ばれました。この賞に対するパユのコメントが出ています。

 

 賞に選ばれるまでの選定座談会も、掲載されていて、パユのSoloが賞に決まるまでの様子もよくわかります。

 

 パユの「ドビュッシー:トリオソナタ」や、レ・ヴァン・フランセの「協奏交響曲~ダンツィ、モーツァルト、ドヴィエンヌ、プレイエル」も、賞にノミネートされていました。

楽天マガジン
カテゴリー