フルート

エマニュエル・パユの雑誌情報

レコード芸術 2021年10月号

 

今月のアーティストが、エマニュエル・パユです。CD「Mozart & Flute in Paris」について、語っています。P.9-13。

レコード芸術 2021年9月号

 
 特集は、新時代の名曲名盤500で、2曲で、パユが演奏しているCDが、1位です。

 モーツァルト:フルート四重奏曲で、パユの「モーツァルト:フルート四重奏曲集」が1位です。P.23。

 サン=サーンス:動物の謝肉祭で、パユが参加したアルバムが1位です。P.55。

 「ニーノ・ロータ:室内楽作品集」の評が出ています。P.122。

 パユの新譜「Mozart & Flute in Paris」が、海外盤REVIEWで特選盤です。絶賛されています。P.177にまるごと1ページの評が出ています。
 

音楽の友 2021年9月号 

 
 来日演奏家速報2022が掲載されています。パユの、2022年、2023年の来日予定が出ています。
 

レコード芸術 2021年8月号

 レコード芸術8月号のP.85 に、パユのCD「ニーノ・ロータ:室内楽作品集」の評が出ています。まるごと1ページです。

レコード芸術 2021年7月号

 特集が、コンセプト・アルバムで、パユのCDが紹介されています。

P.26、27に、「SOLO」。
P.43に、リサ・バティアシュヴィリの「バッハ」。
P.46に、レ・ヴァン・フランセの「モダニスト」。

「オーディオアクセサリー」180号

「山之内正のクラシック四季報」で、パユのCD「べートーヴェン」が紹介されています。P.246。12行です。

レコード芸術 2021年5月号

 

表紙中央に、パユのCD「モーツァルト:フルート協奏曲集」のジャケットがあります。その斜め右下が、レ・ヴァン・フランセのCD「コンチェルタンテ!」のジャケットです。

 

特集は、新時代の名曲名盤500-コダーイからモーツァルトまでです。

 

P.47  モーツァルト:協奏交響曲変ホ長調で、レ・ヴァン・フランセの「コンツェルタンテ!」が1位です。

 

P.54  モーツァルト:フルート協奏曲第1番で、パユのCDが1位です。

 

P.55  モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲で、パユのCDが3位です。

 

1位のCDは、CDジャケットとCDについてのコメントが出ています。

 

P.192  「今月の注目盤」で、レ・ヴァン・フランセのCD「ヒンデミット」の評が出ています。パユのフルートについても、書かれています。

 

音楽の友 2021年4月号

 

創刊80周年記念 あなたが選ぶ 「クラシック音楽ベストテン」発表号です。

 

P.51 「好きな器楽奏者は?」で、パユは、2位です。

 

P.54 「好きな室内楽グループは?」で、レ・ヴァン・フランセが、1位です。

 

--

P.133に、トーンキュンストラー管弦楽団の首席フルーティスト、ティン・ウェイ・チェンのインタビューが出ています。そこで、チェンは、「私のアイドルは、エマニュエル・パユ」と答えています。

レコード芸術 2021年3月号

 

特集が、協奏曲2021-活性化時代のスタンダード・コレクションです。

 

p.43に、

複数の楽器のための協奏曲の項で、

パユとメイエと、東京フィルが協奏交響曲を演奏した時の写真が出ています。

 

レ・ヴァン・フランセのCD「コンチェルタンテ!」が紹介されています。

 

p.44に、

管楽器のための協奏曲の項で、

パユの演奏写真が出ています。

パユのイベール:フルート協奏曲のCDが紹介されています。

 

どちらのCDも、CDについてのコメントが書かれています。

 

レコード芸術 2021年2月号

 

海外盤Review 今月のイチオシで、パユのアルバム「ベートーヴェン」の評が出ています。P.155にまるごと1ページです。

 

読者による人気投票2020年ベストディスク30に、「VIENNE1900」が、21位で入っています。P.24。

 

リーダーズチョイス2020読者まるごとメッセージで、

P.31「ラヴェル室内楽作品集」が選ばれています。

P.37「デスプラ作品集」が選ばれています。

楽天マガジン
カテゴリー